Home | Ticket | Old Diary | Contact |
香港の月餅色々
a0017454_22164939.jpg昨年の上海に引き続き、今年の中秋節も中華圏で月餅三昧。香港でもこれでもかって言うほど豪華な箱で売られている。さすがに大陸と違って床から天井まで箱がびっしり積み上げられているという光景はなく、店の前でチケットをさばくおやじ達の姿もない。そして、上海と違うのは贈答以外、家庭で食べるような小売りが少ないこと。これじゃあ味見が出来ません。しかしそこは香港在住4年の友人宅で、いただき物の各種を試せるという栄誉にあずかり目的達成。

右上はイタリアントマトの月餅。抹茶、チョコレートと各種あり。これと言って特徴なし。

a0017454_22173446.jpg香港で人気のある月餅と言えば、必ず話題に登るというペニンシュラホテルの「スプリングムーン」。小型ながら日本の饅頭に似た食感と癖のなさで、2つ目もいける上品な味。






a0017454_22175967.jpg数年前から大陸でも大人気のアイス月餅。かなり期待して食べたその味は...雪見だいふくには負ける。皮の感触がどうも馴染めない。「これ生?ラード臭い?」。今回、トレンドの月餅が食べられて幸せでした。



a0017454_22285281.jpgそして、月餅といったらこれ。なかに卵の塩漬け2つを含むCity Superの蓮餡月餅。小売してたので、奮発して買ったのに、家族にも不評で、いっしょに買った海燕の巣入り月餅の方が好評という結果に。

その他、スターバックスの出しているコーヒー味月餅もありましたが、さすがにそこまで手が回らず、次回に持ち越し。
[PR]
# by sayuren | 2010-10-03 22:40
香港芸術館
a0017454_23223787.jpg香港芸術館4階の現代アート、劉小康の「対話的夢」。9月23日は台風の中の晴れ間で対岸の会議展覧中心も良く見えます。

ここの展示はいつも割りにすいているので、落ち着いて見られる。1階の金属アクセサリーや、2Fの書画、3階の陶磁器と常設展の展示も見応えあり。特に書画は中国大陸や、日本の博物館より面白い作品があるようだ。毎週水曜日は無料観覧日。そごうのデバ地下にも近い。

その他、金鐘の茶具文物館や香港大学の博物館もお勧め。両館とも無料。
[PR]
# by sayuren | 2010-10-01 23:09 | 美術
チャン・グンソク Asia Tour the Last in Seoul
a0017454_23163186.jpg「美男ですね」のファン・テギョンにすっかりはまり、気がついたらソウル。9月5日高麗大学華井体育館で開かれるチャン・グンソク Asia Tour the Last in Seoulを見に行く事になろうとは、つい2週間前まで想像もしなかったのに。バラエティで見た頭の回転の早さとそのユーモアセンスに、役者以外の部分でも興味がわくとはな。これを境にClick-B以来、7年ぶりの韓国戻りとなってしまうのだろうか。

チャン・グンソク Asia Tour the Last in Seoul 写真

やはり人間、見た目100。イメージの良さは最高。そして声の良さに撃沈。たとえ1時間半しゃべり倒されようとも全て許してしまえる。手足が長く、ウエストと太ももの細いこと。まさに絵に描いたような王子キャラ。しかし、その女みたいな顔が、役柄によってまったくの別人に変わってしまうとは。いくら一般的に韓国人が歌が上手いとはいえ、役者にここまで歌われちゃあね。おまけにMCにDJ、歌に踊りに皿回しもやる。まったくひとりにジャニーズのエッセンスが全て凝縮されているようなもの。なのに背は180cm以上。何よりも、その明るさが、これほど芸能人に向いている人はいないと思わせる。そう、仕事は楽しんでやるものだよね。

今回、ジェルミ役のイ・ホンギは来なかったけどA.N.JELLのヨンファとパク・シネが見れたから、行った甲斐はあったかな。日本ではCN BlueもFT Islandもチケットは常時sold outなので、ここでヨンファ「約束」生Rapが聞けて良かった。しかし一番のツボは「ファン・ジニ」コーナーで出てきた美女。

そして、やはり帰国したら冬のグンソク ジャパンツアーはことごとく外れ。ソウルじゃ2階席はガラガラだったのに、まったく日本は。バンド好きの日本人に「ノンストップ4」「ドレミファソラシド」「楽しき人生」「美男ですね」とミュージシャンを演じる役者を引き合わせるなんて、猫にマタタビをやるようなものだ。11月8日から韓国KBSで放送予定の「メリーは外泊中」でもインディーズバンドのヴォーカルを演じるので、このままこの流れは止まりそうにない。

写真は会場に花輪の代わりかと思うほど、ぐるりと積まれていた米。しめて1,550kg。なんかのチャリティでしょうか。

地上波で見られる出演作
[PR]
# by sayuren | 2010-09-09 21:15 | コンサートレポート
ソウル 慶会楼
a0017454_2110486.jpg期間限定で公開中のソウル景福宮の慶会楼。後に山を控え、水面に佇む姿が美しい。写真は48本の花崗岩で支えられた1階の天井画。 この宮殿で一番美しい場所と言われるだけあって、慶会楼から見る池には小島の松の緑が鏡のように映る。

連日気温33度の日本より暑いソウルでも、ここだけは自然の風が吹きぬける。今回初めて行った同じ敷地内の民族博物館も見応えあり。仁寺洞から歩いて行ったら舌がでてしまい、おかげで朝からハッピンス(かき氷)のはしご。ソウルも雨季なのか、ザーと激しい雨が降ると道路が川のようになる。そのため期待していた屋台の立ち食いが出来ず、ちょっと不満。
a0017454_235581.jpg


More
[PR]
# by sayuren | 2010-09-08 23:06
Home | Ticket | Old Diary | Contact |
Copyright 2003-2013 Yuigadokuson. All rights reserved. 無断転載を禁じます